引越しのときのゴミはどうやって処分する?

半田市近郊の不動産は株式会社不動産ドゥイング

「引っ越しを機に電化製品を一新したいけど、不要になった電化製品はどうしよう?」

「大きな家具が費用になるけど、処分はどうしたらいいの?」

「引っ越し作業で出たゴミはどうしたらいいの?」

 

引っ越し作業で同時進行で考えて行きたいのがごみの処理....。

ここでいうゴミとは、電化製品や大型家具のことです。

 

引っ越し当日に出たゴミについてもお伝えしていこうと思います。

 

粗大ごみの処分方法は3パターン

半田市近郊の不動産は株式会社不動産ドゥイング

不用品処分業者に依頼するパターン

 大型のゴミや不用品を回収してくれる業者にお願いするメリットとして回収業者に回収を依頼した場合、基本的に引っ越し前日までに不用品を処分できますので、引っ越しの荷造りがやりやすくなることが挙げられます。

 

注意点として、「無料で回収」などと、無料をアピールしている業者には注意しましょう。

不用品回収業者の中には、法律に違反するような処分をする業者がいるのも事実です。

こういった業者ほど「無料」を看板に廃品を集める傾向にあります。

また、こういった違法業者の「無料」はまず間違いなく「無料」ではありません。

「不良品を回収する」ことじたいは無料ですが、「出張回収料金」、「トラックチャーター料金」、「人件費」、「ガソリン代」などは有料になり、結局合法な不用品処分業者よりも高額な手数料を請求することも少なくありません。

不用品回収業者を選ぶ場合は、「無料」という言葉に惑わされずに、「一般廃棄物収集運搬業の許可」(不用品を回収する認可を受けている許可証9、「古物商の許可」(リサイクル業者に必要な許可証)を持っている業者を選ぶようにしましょう。

半田市近郊の不動産は株式会社不動産ドゥイング

引っ越し業者に処分を依頼するパターン

 引っ越し業者に依頼するメリットは、まずは業者の選ぶ手間が不要になるという点が挙げられます。

先程述べたように、引っ越し準備の忙しいタイミングで、不用品処分業者を選定するのはなかなか面倒です。

これを省略できるだけでもかなりのメリット!そして、引っ越しの当日まで使用できる点もいいですよね!

しかしデメリットとして、引っ越し業者でも不用品の回収はしてくれますが、その処分までをすべて自社で行える業者はほとんどありません。

つまり回収した不用品は、提携する不用品回収業者や産業廃棄物処理業者に委託して処理することになります。

この時当然費用が発生するわけで、その費用の負担は利用者である我々ということになります。

手間はありませんが、高くなる可能性があるという点ではデメリットと言っていいでしょう。

半田市近郊の不動産は株式会社不動産ドゥイング

行政に粗大ゴミとして回収してもらうパターン

 こちらの最大のメリットは費用が安いということ。自治台によって回収費用は変わりますが、食器棚のような大型家具を出しても、1,500~3,000円程度の費用で済みます。申し込み自体もPCやスマホがあれば簡単にできますし、回収に必要となるシールもコンビニで購入可能。時間と体力がある方はこの方法が確実です。

 反対にデメリットを考えると、「自由に出すことができない」ということです。自治体ごとに粗大ゴミの回収日程は決まっています。申し込んだタイミングによっては引っ越し作業日以降ですと、処分することができなかったり、引っ越し前数週間は、その処分した家具や電化製品なしの生活となってしまいます。さらに行政の粗大ゴミ回収は、ゴミ置き場で回収するのが一般ですので、どれだけ大型の荷物であっても自力で運ぶ必要があります。

最後に

 引っ越しの前後は多くのゴミが出るものです。

引っ越しを機に買い替える物があったり、引っ越しを機に脱捨離を行ったり、ゴミが出るのは間違いありません。問題となるゴミの処分は、まず生活ゴミは自分で自治体のルールに従って捨てるようにしましょう。

普通のゴミ回収では捨てられない大きな不用品の処分に関しては、回収業者や引っ越し業者、粗大ごみ回収で処分しましょう。